top of page
  • Writer's picture純璃 岡田

自分の取説の正体


先日ある集まりで出会った男性に数字をかいてもらったら、

あちこちお身体を悪くされているご様子でした。




少しお話しを聞けば、

去年の暮れに脳梗塞で入院した時に、あまりにも病院食が美味しくなくて、やけになり、退院後に偏食の度合いが増しているとのこと。

何も食べずに市販の甘いジュースだけの日もよくあるとか。



そしてお話している最中にも、なんと咳をしながら何度か煙草を吸いに立たれました。



自分をどう取り扱うかを決めるのは、その人の心の深い部分。



ご自身の心に向き合っていただきたく、潜在意識コーチングをお勧めしましたが、今回は良いご返事をいただけませんでした。



55歳。

素敵なパートナーの方もおられます。

平和な日常生活を強制終了させられる前に、勇気を持って本当のご自身と向き合っていただきたいと願います。

3 views0 comments

Recent Posts

See All

Commentaires


bottom of page