top of page
  • Writer's picture純璃 岡田

子どもの心を大切にしたい

自分を知ると家族関係が変わる。

3ヶ月で完成する自分取り扱い説明書。

「心ととのう魂文字(たまもじ)メソッド」


岡田純璃です。



娘の次男の小学校卒業記念写真を撮りに写真館に行きました。




なぜわざわざ写真館に行ったかというと、次男は七五三をしてもらい損なったんです。




長男はしてもらったのに、

次男はしてもらってない。




本人は一切文句言ってないし、まして親たちはあまり(いやほぼ)気にしていない。




だけど私は

「子どもの小さい心を大事にしたい」

のです。




もしかしたら、次男の心の隅っこで、

「なんで僕には七五三の記録が残ってないのか」

って、ちょっとでも感じさせることがあるかもしれない。



そう思ったら胸が潰れそうに辛い。





だから、

「七五三さんに行けなかった代わりに、卒業記念でわざわざ写真館に行って撮る」

という選択を、祖母である私がしました。





これで七五三さんができなかった(しなかったともいう)代償にはならないかもしれないけど。



少しでも、

なんとか、

「小さな子どもの心」を大事にしたいのです。





岡田純璃



2 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page